静岡県伊東市松川河口付近でドンコ釣り(夜・冬) | 釣り好きですが何か?

静岡県伊東市松川河口付近でドンコ釣り(夜・冬)

久々に地元に帰ると無性に釣りがしたくなりました。
釣りに行くと決意するものの、竿を持ってきていません。

わざわざ竿を購入したくはないので、ペットボトル浮き釣りをすることにしました。
日中に重りと13号の根魚用の針を購入しました。
餌はスーパーで購入したサンマです。

20時頃現地に到着しました。
釣り場は比較的フラットなテトラポットで、テトラポットの間に腹這いになって腕を伸ばせば、海水に届く程度です。

空のペットボトルは、2リットル1本、1.5リットル1本、500ミリリットル1本用意しました。
それぞれのペットボトルの三分の一程度海水を入れ、浮き変わりにします。

ペットボトルの口の部分の凹みに糸を結び、棚に会わせて、重りと針をつけ、餌をつけます。
ペットボトルをテトラポットに立て、ペットボトルが海に落ちれば当たりという仕組みです。

寒いのでテトラポットの陰で、買ってきたホットコーヒーとタバコを吸いながら当たりを待ちます。

15分経過頃にペットボトルが落ちる音が聞こえます。
2リットルのペットボトルです。
ペットボトルがグルグルと回転してます。
引き上げてみるとカサゴでしたが、本命はドンコなのでリリースです。

黒穴子に気をとられ、他のペットボトル2本がいつの間にか海面にあります。
グルグル回ってない様子から、カサゴではないと確信します。
上げてみると2本ともドンコです。
20オーバーと小さめですが、本命が釣れたことと、ネットで購入した人気のフィッシュグリップを始めて使うことが出来てとても満足です。

ペットボトルを置くポイントを変えましたが、後に続いたのはウツボのみ。
鍋の具としては、少ない釣果でしたが、本命を釣り上げたことに満足できました。

コストがかからないペットボトル釣りはお勧めですが、なかなか海面に近い釣り場は多くないので、場所の下見と潮の確認は必須です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする