鮎釣りに使える色々な道具 | 釣り好きですが何か?

鮎釣りに使える色々な道具

鮎釣りの小物類は非常に高いです。
特に糸は、メタル、複合とかフロロやナイロンでも鮎と付けば2500円とか5000円とか平気でします。
メタルや複合はたった12mしかありません。

この高い糸の代用がPEでできます。
それも全てのPEではありません。
PEラインにコーティングやフロロを混ぜ、コシのあるPEなら鮎の水中糸として使えます。

大体150mで2000円~3000円です。
結合は電車結びでもいいですが、PEが強すぎてナイロンやフロロが飛びます。
編みつけがベストです。ちなみに0.1号で2kgくらいの張力です。

ただし根ずれには弱いので注意です。

次にオモリですが、鮎用はラグビーボールのような形で蛍光色ですが、普通のオモリでも全く問題ありません。

次は意外と高い逆針のセットです。
これも自作すればとても安く出来ます。

渓流用や、海釣りの小針と100均で売っている細いステンレス針金を使います。
ステンレス針金はハリス止めに使えます。それと針を糸でくくれば逆針セットの完成です。

高いワンタッチハナカンは事務用品のクリップとウレタンチューブ(釣具屋に売ってます)で作れます。
300円で100個以上できます。
クリップを丸く曲げるのはラジオペンチ(100均)が便利です。

掛け針に使うハリスも、安いロール巻きの1号~2号の糸で十分です。
糸にクセが付いていますが問題なく掛かります。針を巻く糸は裁縫の糸で十分です。

このように鮎用で買わなければならないのが掛け針だけです。
私の実践では、費用は20分の一くらいになると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする