学生の頃近くの沼でフナ釣りを楽しんだ良い思い出。 | 釣り好きですが何か?

学生の頃近くの沼でフナ釣りを楽しんだ良い思い出。

通学路の途中にある小さな沼でフナを釣るのが昔の楽しみでした。
ミミズを使えば簡単に釣れるんですが、合わせを何度も失敗し、針が飲まれたりなんて事は多々ありました。

浮きに当たりが来るのが楽しいと同時に、食いついてきた瞬間の浮きの沈み方の判断が当時は難しくて、バレて逃げられては悔しい思いをしたのを覚えています。

何度か立て続けに釣りに出かけるようになり浮きの動き方についてじっくり観察していると、変化に気付いたのです。

ただ沈むだけじゃない、沈んだまま移動しているんです。
浮きを眺めながら「あ、餌を銜えて逃げようとしてるんだ」
その事に気づいてからは合わせのミスも少なくなり、飲まれたりすることもなくなっていきました。

フナも楽しいんですがそこには大きな鯉がいました。
子供なりに鯉を狙っては見るものの、見向きもしてくれないのです。

それでも諦めずに挑戦してみたけど、最後まで鯉が釣れることはありませんでした。

今になって考えてみれば当時の体形で鯉がかかったら、ラインが切れるより何より体ごと引きずり込まれたかもしれませんね。

良い考え方をするなら、あの鯉は子供だった私を見守っていたのかと思うようなイメージを持っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする