鮎の友釣りで気をつけること | 釣り好きですが何か?

鮎の友釣りで気をつけること

友釣りで鮎がかかった時は、当然「網タモ」に納めるのですが、引き抜きではなく手元まで水中で竿操作で引き寄せた場合に気をつけなければいけない事があります。
それは網タモを水中に入れて救い上げる、という行為です。

タモを水中に入れると「かかった鮎」はビックリして暴れます。
そして逃げてしまうことがあります。

ひっかけた針には「返し」がついていないので外れ易いのです。
なのでタモは水中に入れず、オトリ鮎の少し上あたりの糸をそっと引き上げて、2匹が水中より上に上がった時点でタモを下に添えて鮎をタモの中へ下ろす、という動作にして下さい。
折角手元まできて逃げられると、本当にガックリしますので。

もうひとつ気をつけることは、「オトリ鮎」の選び方です。
「元気」なオトリ鮎ほど良く釣れます。

動きの良いオトリ鮎は、自分から縄張りのほうへ泳いでいってくれますので釣る側は助かります。
だからオトリ鮎の適宜な交換は必要です。
釣った鮎の中から探すのがベストです。

最初に購入したオトリ鮎はほとんどが「養殖」です。
養殖は持続力があまりないからです。
そしてその釣った鮎の中から探す場合も、これをチェックして下さい。

それは「かかった場所」です。
腹部や顔部に引っかかり釣れた鮎は「ダメージ」を受けています。
なのでオトリとしては長持ちしません。
一番なのは「背びれ付近」にかかって釣れた、通称「背ががり」と呼ばれる鮎です。
そしてこの鮎のサイズが大きければ尚良しです。参考にして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする