川釣りの魚の種類と餌 | 釣り好きですが何か?

川釣りの魚の種類と餌

私の家の目の前には川が流れています。
小さい頃からこの川でよく「魚釣り」をしたものです。

釣れる魚の種類としては「ハエ」(こちらではシロハエと呼んでいます。)「うぐい」「カワムツ」が多く、その他珍しいところでは「ノメクリ」(正式名は不明)「アマゴ」「カワマス」などが釣れました。

釣り方法としては「餌釣り」が一番多く、夕暮れには「テンカラ」と呼ばれる毛ばりの釣りもしておりました。
その「テンカラ」では釣れる魚が限定されます。

「シロハエ」が圧倒的に多く、稀に「鮎」も釣れることがあります。
夕暮れ時に限定した釣りなので見えにくく、糸も絡まりやすい、更に大きいサイズの魚は釣れないので楽しくはありませんが、シロハエは料理にすると美味しいのでこれを目当てに釣っていたことを思い出します。

さて餌釣りに戻しますが、餌は川の石を裏返すと発見する「川虫」(こちらではガイムシと呼んでいました)またはミミズでした。
ミミズは土を掘り起こす手間と、餌のサイズに手で千切ると匂いが指に付いてしまい、その都度川の水で洗わないといけないという不便さもあり、手っ取り早い「川虫」を餌として釣っていました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする