鮎の友釣りについて | 釣り好きですが何か?

鮎の友釣りについて

鮎は餌で釣り上げることが殆どできません。
釣り方は、鮎の縄張り意識を利用した「友釣り」という手法で釣り上げます。
初心者にはハードルが高い釣りです。

順を追って説明します。

(竿を入れるまで)
まず、鮎を釣るためには、その川を管理する漁業組合が発行する券「日釣り」または「年釣り」を購入し、それを帽子などに取り付ける必要があります。いわゆる「入漁証」と言われるものです。
無断で釣る行為は基本的に許されておりません。

次に「道具」です。
竿はグラス竿やカーボン竿、竹竿など種類も価格も様々ですが、鮎釣り竿は他の竿では代用できないので専用の竿を購入することになります。
竿以外には糸、針、羽根などの目印、そしてタモとオトリを入れる「オトリ缶」などが必要となります。
道具としてはこれぐらいで最低限、大丈夫でしょう。

そしてこれからがいよいよ釣る事になりますが、まずは「友」となる「オトリ」を購入しなくてはなりません。
1匹だと心もとないので3匹(だいたい1000円程度)を販売所で買い、場所を決めたら川にオトリ缶を沈めておきます。
(流されないように注意が必要です。)

(実践)
まず、タモ網に1匹のオトリを入れて通称「鼻カン」と呼ばれる円形金具を鮎の両鼻に通します。
イメージとしては、牛の鼻についている金具のような感じです。
手間取っているとオトリはすぐに弱ってしまうので鍛錬が必要です。

次にこれも通称「ヘソ針り」と呼ばれる針をオトリの肛門あたりにある腹部のヒレに刺し通します。
鼻カンとヘソ針は糸で繋がっています。
そのヘソ針から尾ヒレ後方に伸ばした糸の最後に「イカリ」と呼ばれる3本の針があります。
そのイカリに鮎が引っ掛けられて「釣る」という動作が「鮎の友釣り」なのです。

友釣りとは言われますが、実際は友だと思って寄ってくるのではなく、「縄張り」に侵入してきた「敵」だと判別して、そこから追い払おうとしてオトリへ向かってくるので、本来は「敵釣り」という事になります。

この理屈が分かれば釣れる場所も限定されてきます。

まずは、縄張りを張っている鮎を見つけること。
だいたい鮎は流れが比較的早く(瀬と呼ばれている所)川石に付いている「藻」を食しています。
鮎が食べた形跡は石を見ると分かります。
鮎はそのような場所に単独で縄張りを張っています。

そういう場所を見つけ、または予想し、その場所へオトリを上手く導くのです。
このテクニックがあると沢山釣れます。

もうひとつのテクニックは針(イカリ)が、川底の石に引っかかってしまい取れなくなるという「根ががり」をさせないために、鮎(オトリ)が沈まないように操作する技術です。

いずれにしても初心者には非常に難しい釣りです。
もし始めてみたいという人がいたら、まずは経験者の釣りを実際に見にいって「勉強」することが一番の近道だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする