2017年の野洲川コアユ釣り、釣れムラあるも | 釣り好きですが何か?

2017年の野洲川コアユ釣り、釣れムラあるも

例年、春からの初夏の風物詩として滋賀県ではコアユ釣りが盛んです。

コアユ釣りは、サビキの仕掛けにシラスを潰した撒餌を使います。シラスを入れないと釣果に大きな影響が出ます。

今年は当初、大不漁が予測されていました。

そして、その通りになってしまいましたが、6月になりあちこちで釣れ始めました。

私も6月の上旬と中旬に2度釣行しました。

一回目は4匹しか釣れず、ヌマチチブのほうが多数釣れました。

前日のネット上の情報では大漁との話だったので、朝から喜び勇んで野洲川に行ったのに、悲惨な結果で家族に会わす顔もありませんでした。

二回目の釣行では、前回のリベンジを果たし約100匹の釣果を得ました。

この釣行では、最初の1時間は全然釣れませんでした。

しかしその後ぽつぽつと釣れ、気が付けば100匹程度になっていました。大きさはこの時期にしては小型でした。

遡上数が非常に多いときは、6~7本の鈎に鯉のぼりの如く掛かりました。

しかし、今回は一投一尾で多くても2匹掛れば良い方でした。

ほとんどは、一番下もしくは下から二番目の鈎に掛っていました。

今年のコアユ釣りもやっと、それらしくなってきました。

まだ、日によってムラがありますが一度行ってみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする