根魚(ロックフィッシュ)釣りの魅力 | 釣り好きですが何か?

根魚(ロックフィッシュ)釣りの魅力

根魚とは、海の底に居つく魚のことで、回遊せず、海の底で比較的動かない魚のことを言う。

根魚の魅力の一つはサイズの割には釣り味が良い。
ロックフィッシュの代表的なものといえば、メバルやカサゴが挙げられるが、これらは大物でもせいぜい30cm未満。
20cmもあれば十分に大物のと呼べるサイズである。

カサゴでも20cmクラスもあれば猛烈に引く。
油断していると餌やルアーごと一瞬で海底の岩の隙間に引きずり込まれることしばしばで、固めのシーバスロッドでも勢いよくしなり、釣り味は非常によい。
かといって、チヌ(クロダイ)やグレ(メジロ)のような繊細な駆け引きは必要とせず、初心者でも比較的簡単に釣れるから面白い。

もう一つはロックフィッシュは何でも食べるので、生餌でも冷凍エビでもゴカイ類など餌をあまり選ばない。
おすすめは赤虫や青虫と呼ばれるゴカイ系の餌をジグヘッドにルアーの代わりにつけると非常に釣りやすい。
魚がルアーに慣れて反応が悪くなったときに、効果が高い。

後、何と言っても食味が良いこと。
焼き魚、煮つけが良く好まれるが、一押しは刺身。
ほのかな甘みがあり、タイやハマチを凌ぐといっても過言ではない。

ロックフィッシュの魅力はまだまだ枚挙に暇がない。
釣った者だけに分かるこの魅力。挑戦あるのみ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする